身近な交通事故

身近な交通事故

道を歩く際には交通事故に注意しましょう。といえば、当たり前に思いますが意外に身近な日常にも危険が潜んでいます。

特に、外が暗くなってからは視界が悪く車から気づきにくい事もあります。
いつ、どこで交通事故が起こってもおかしくないのです。

普段から、歩行の際にはできるだけ歩道を利用する、また夜に外出する時にはできるだけ白い服を着るようにする(夜間、車から認識しやすくするため)などの工夫も必要と言えるでしょう。

歩行者は車ばかり注意しがちですが、自転車にも注意しましょう。

弁護士は交通事故解決のプロ。もめたら弁護士に交通事故相談するのがいいと思います。後遺障害の等級や高次脳機能障害、また自賠責・ 任意保険の基準、適正な賠償額、慰謝料について等、弁護士が解決までの流れを詳しく 解説いたします。