過払いと相続

過払いと相続

自分の借入に対しては基本的に自分で過払いの対応を行うと話は早いでしょう。
しかし、本人がすでに亡くなってしまっている場合などには、本人が過払いの対応をする事はできませんので、その様なケースにおいては家族が代理で法律相談を受ける事もあります。
亡くなった人の借金については相続しないためにも、家族の人がすぐに相続放棄の手続きを行う事が多いと思います。その際に、過払いについても詳しい事が発覚する事もあるでしょう。
また、過払いは返済が終了後10年まで可能とありますが、本人が死亡している場合の相続放棄は早期に行う必要がありますので、注意しないといけません。法律家の所に訪れるのであれば、その際に過払いの話も出してみるといいかと思います。