B型肝炎給付金は課税対象なのか

B型肝炎給付金は課税対象なのか

国から支給されるB型肝炎給付金は、病態や経過年数によって支給額が変わります。その金額は数十万円から数千万円までと幅広く、中には自身の年収を上回るという方もいるでしょう。

また、これだけ大きな額になると、税金がどれくらいかかるのかと心配される方もいるのではないでしょうか。まず、B型肝炎給付金は受給の際に訴訟の形を取っていて、損害賠償金とみなされます。

また、感染者や遺族に対しての見舞金に相当します。そして、遺族に直接支払われるものなので、相続財産にはなりません。以上の理由から非課税所得となり、税金はかかりません。