遺言書作成について

遺言書作成について

相続問題において、民法では法定相続分の規定がありますが、これは各家庭の状況を考慮してはいません。 ご本人の意思を反映させるために、遺言書作成は必須です。 あなたは遺言書のルールをご存知でしょうか? 遺言書の作成には民法で定められたルールがあり、それを守らないと遺言書は無効になってしまうのです。 せっかく作った遺言書が無効になってしまうことは避けたいです。 そんな時は遺言書作成のプロに依頼するのも一つの手です。 また、遺言書に関しての注意点がいくつかあります。 亡くなった方の遺言書がどこかから出てきた時に、勝手に開封してはなりません。開封するときは家庭裁判所に持参して相続人や代理人の前で開封します。 また、遺言書が2通出てきた場合は日付の新しい物が有効となります。