遺言書作成のポイント

遺言書作成のポイント

財産を特定して書きましょう。
不動産は登記簿の内容、預貯金は銀行名・支店名・口座の種類・口座番号、
株式は銘柄、株数を記載します。

そして、全ての財産の相続先を指定します。

遺言書を書く際に、法定相続人には「相続させる」、法定相続人以外の場合には「遺贈する」と書きましょう。

また、遺言執行者を遺言で指定しておくようにすると、遺言の内容をスムーズに実現できます。指定する際には必ず住所・氏名を明記します。

借金やローン等の負担者も記載し、その他葬式の希望など(法的な拘束力はありません)も書いておくと良いでしょう。