2016年3月アーカイブ

弁護士の扱う仕事内容

|
弁護士は古くからある職業の一つですが、昔からずっと同じ仕事内容だけを扱っているという分けではありません。

時代によっては弁護士の扱う仕事内容が変化する事もあります。

例えば、現在では高齢化社会であると言われる事もありますが、その時代背景が弁護士の扱う仕事内容にも反映されています。高齢の人が増える事で認知症の人も増えている様です。そこで、認知症の人が増えると金銭の管理も自分だけだとままならない事もある様です。
そして、代理の人が代わりに金銭の管理を行なう成年後見人制度という制度を利用する人が増えています。

この制度を利用する際には、たくさんの書類を提出する必要があり、自分だけで書類作成を行なうのが難しい人が弁護士の所に依頼にやってきます。

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のブログ記事